MITら、ロール・ツー・ロール方式での高品質グラフェン量産技術を開発(2015/05/29)

 マサチューセッツ工科大学(MIT)とミシガン大学の研究チームは、ロール・ツー・ロール方式でグラフェンを大量生産するための製造技術を開発した。化学気相成長法(CVD)で生成される高品質グラフェンの低コスト化を実現し、グラフェンの工業生産に道を開く技術として期待される。2015年5月21日付けの Scientific Reports論文が掲載されている。

ロール・ツー・ロール方式でのグラフェン生成プロセス(Erik S. Polsen et al., Scientific Reports (2015) doi:10.1038/srep10257)

(続きを読む…)

グラフェンとダイヤモンドの組み合わせで摩擦係数ほぼゼロの超潤滑表面を実現(2015/05/29)

 米アルゴンヌ国立研究所は、グラフェンとダイヤモンドナノ粒子、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)を組み合わせることにより、摩擦係数がほぼゼロである超潤滑表面を作製することに成功した。2015年5月14日付けの Science論文が掲載されている。

超潤滑表面の概略図 (Diana Berman et al., Science(2015) DOI: 10.1126/science.1262024)

(続きを読む…)

ライス大、ホウ酸添加によってグラフェンキャパシタの性能が大幅向上(2015/05/29)

 ライス大学の研究チームは、グラフェンを用いたフレキシブルな電気二重層キャパシタを開発した。折り曲げ耐久性が高いことが特徴であるという。2015年5月15日付けの ACS Nano論文が掲載されている。

試作された電気二重層キャパシタ(出所:ライス大学)

(続きを読む…)

グラフェンWiki
  • グラフェンの定義
  • グラフェンの製法
  • グラフェンの特性
  • グラフェンの応用分野
  • 参考文献
  • 外部リンク