NEDOは、ナノ炭素材料の産業応用に向け、新たな実用化開発3テーマに着手する。革新的省エネ部材として、カーボンナノチューブ(CNT)を利用した構造材料用樹脂や水処理フィルターの新素材を開発する。さらに剥離グラフェンの量産技術開発により、高品質で安価なグラフェンの市場供給を目指す。いずれも事業終了後、数年以内の実用化を目指している。

革新的省エネ部材や量産技術の実用化を加速(出所:NEDO)

 採択テーマと助成予定先は次のとおり。

1.ナノ炭素材料高強度複合材料の開発
これまで、ナノ炭素材料を水に分散させるためには、分散を助ける添加剤が必要だった。分散剤を使用せず水にCNTを分散させ、それを樹脂に練りこんで、軽量・高強度な樹脂を開発する。
【助成予定先】東洋樹脂株式会社


2.ナノ炭素材料フレキシブル薄膜の開発
CNTの中空孔を利用した、水ろ過膜を開発する。CNTの中空孔を利用したフィルターの実用化は世界初の試み。この技術が開発できると、水ろ過膜だけでなく、様々な用途に展開が期待される。
【助成予定先】株式会社ユーテック


3.ナノ炭素材料大量生産技術の開発
グラフェンは将来大きな市場が予想されているが、量産技術がまだ確立されていない。今回のプロジェクトでは、酸を使用せず、剥離グラフェンを大量生産する技術を開発する。高品質な剥離グラフェンを安価に市場に供給することを目指す。
【助成予定先】マイクロ波化学株式会社


発表資料