バイオ医療分野で期待されるグラフェン応用、安全性の高いグラフェンプラットフォームの生産技術に注目(2017/02/01)

本稿では、バイオ医療分野でのグラフェン応用の将来像や、生体適合性評価の現状と課題などについて概観する。

MIT、グラフェンを使った高強度軽量材料を開発(2017/02/01)

マサチューセッツ工科大学の研究チームは、グラフェンを使った極めて高強度かつ軽量の三次元構造材料を開発した。フレーク状のグラフェンを圧縮・融合して形成したスポンジ状の材料であり、密度は鋼鉄の5%しかないが、鋼鉄の10倍の強度を実現できるという。

マンチェスター大、導電性2次元インクを用いたヘテロ積層デバイスを試作、生体適合性も評価(2017/02/01)

マンチェスター大学の研究チームは、グラフェンなど二次元材料を用いて、インクジェットプリンタで使用できる水系インクの製法を開発した。さらに同インクの生体適合性についての評価も行った。バイオ医療分野に応用可能なプリンテッドエレクトロニクス用材料として期待できる。

マンチェスター大ら、軽量で耐久性の高いグラフェン腕時計を製品化(2017/02/01)

マンチェスター大学の研究チームは、腕時計ブランド Richard Mille および マクラーレン・ホンダ と共同で、グラフェン複合材を用いた世界最軽量の腕時計「RM 50-03」を開発した。製品は、スイスのジュネーブで開催された国際高級時計見本市「SIHH」で披露された。

ケンブリッジ大、グラフェンを超伝導化し「p波スピン三重項」を観測(2017/02/01)

ケンブリッジ大学の研究チームは、グラフェンを超伝導化する新手法を発見した。p波スピン三重項と呼ばれる特殊な超伝導形態であるという。

産総研、光照射でナノ炭素材料の高純度な薄膜を簡便に形成(2017/02/01)

産業技術総合研究所(産総研)は、単層カーボンナノチューブ(単層CNT)などのナノ炭素材料の分散液に光を照射することで、ナノ炭素のみの層を簡便に薄膜化(膜厚20~30nm)できる技術を開発した。今後はグラフェンなど、他のナノ炭素材料への適用も進めていくという。

建築資材へのグラフェン応用に期待、グラフェンプラットフォームの低コスト量産技術が寄与(2016/12/27)

本稿では、建築用途へのグラフェン応用に関する最近の研究成果や、一部で始まっている応用製品の事例についてまとめる。

富士通研究所、グラフェンを利用した新原理ガスセンサーを開発(2016/12/27)

富士通研究所は、グラフェンを利用した新原理の高感度ガスセンサーの開発に成功した。対象ガスによっては数十時間かけて観測していた大気環境をリアルタイムに観測する装置や、生活習慣病の早期発見のための呼気中のガス成分を手軽に分析する装置などの実現が期待される。

ファーウェイ、グラフェンを使用した耐高温リチウムイオン電池を発表(2016/12/27)

ファーウェイ(華為技術)は、グラフェンを使用した耐高温・長寿命のリチウムイオン電池を発表した。11月29日~12月1日、幕張メッセで開催された「第57回電池討論会」において、ファーウェイ中央研究所傘下のワット研究所が報告した。

ケンブリッジ大ら、導電性コットンでウェアラブルモーションセンサー作製(2016/12/27)

ケンブリッジ大学と中国・江南大学の共同研究チームは、導電性コットンを利用したウェアラブルエレクトロニクス向けのモーションセンサーを開発した。グラフェンベースのインクをコットンに染み込ませた導電性テキスタイルデバイスとなっている。

グラフェンWiki
  • グラフェンの定義
  • グラフェンの製法
  • グラフェンの特性
  • グラフェンの応用分野
  • 参考文献
  • 外部リンク